2015年03月15日

「ソロモンの偽証」観てきました

最近、失業中の身でありながら、何かと忙しくて映画館から足が遠のいていました。
今日は、何か観ようということで、てる子さんと出かけました。

観てもいいかなと思ったのは「イントゥーザ・ウツド」と「ソロモンの偽証」の2本。
本来なら、おとぎ話に目が無い管理人のことですから、迷わず「イントゥーザ・ウツド」にするんですが、いくつものおとぎ話の主人公達のその後を1本の映画にまとめるなんて、
なにかいま一つ気が乗りません。
かといって、中学生達の裁判ごっこというのも、同様にいま一つ気がのりません。
それ以外の映画よりは面白そうに思えるんですが、いまひとつ。
そこにてる子さんから「ソロモンの偽証」が観たいとの強い意見が加わり、
この映画のチケットを購入しました。
宮部みゆきさんの小説を管理人は読んだことがありません。
作品の一つである「火車」をテレビドラマで見た程度。
このドラマは面白かったという記憶がありますので、宮部みゆきさんに悪い印象を
持っていませんが、
でもね、
子ども達がやりあう裁判ごっこの映画というのは、やはり抵抗があります。
加えて、前編・後編の二部作というのも気になりますね。

そうした先入観を抱いたまま「ソロモンの偽証」を観ることにしました。
終始、この映画は正解だったというのが正直な感想です。

冒頭から最後まで飽きることなく映像の世界へ浸ることができます。
子ども達の「裁判ごっこ」は、真剣な重みのある裁判足り得る裁判へと
変貌しく様子が、細やかな丁寧な描写によって違和感なく観客を説得していきます。
迫力のある法廷活動が後編で期待できそうです。

校庭に積もった雪の中から出ている人の手首を主人公の女子中学生と男子中学生が
発見することから事件が始まります。
同級生である男子中学生の死は自殺か他殺か、という謎解きをテーマに物語が進んでいきます。
いつものことですが、映画のあらすじや謎解きのポイントについては管理人は詳しく触れないことにしています。

中学校内で繰り広げられるいじめ、友人関係、先生の対応、親子の関係、
ひとりひとりの子どもを取り巻く複雑な環境を知ることができます。
それは、映画の中の架空の話ではなく、
普通に学校生活を送る中学生が、実は多様な問題と向き合っていることを暗示します。
どうしてこんなに中学生のことが分かるんだろうと不思議に思うくらいです。
宮部さんの経歴をみても、教師という職に就いたこともないようです。
作家という職業人は大したものですね。
映画を見てから、つい、宮部さんの経歴をチェックしてしまいました。

現実の社会では、中学1年の上村君が殺害された事件に絡んで、文部科学省が緊急調査を行いました。
結果は、上村君と同じような危機に直面している児童生徒が
全国に400名ほどいることが判明しました。
いつも重大な問題が発生し、メディアに大きく取り上げられと国は動くのですが、
パフォーマンスで終わってしまう場合が多いです。
問題は繰り返されていくんでしょうね。

我家の娘である”るみ子”も中学生のときに一時期不登校気味になりました。
原因は明らかになりませんでしたが、学校内でこの映画のような色々な問題にぶつかっていたんですね。きっと。
幸い、高校生になって不登校は解消しましたが、高校1年の時に参加した
ロックバンドのサークルは2年生になったときに辞めてしまいました。
あんなに楽しそうに弾けていた娘が突然辞めてしまったんです。
理由を聞いても、「・・・別に・・・」というだけで、結局この時も辞めた理由は分かりませんでした。

こんなもんなんですよ。
親子関係はいいほうだと思っていても、子どもの世界には入り込めない壁が立ちはだかっているようです。
不登校になったり高校中退せずに高校生活を送ったことに胸をなでおろしています。

るみ子は、4月からいよいよ大学1年生です。
楽しい充実した大学生活を送れることを願っています。

映画の話から少しそれてしまいましたが、それにしても「ソロモンの偽証」はおすすめです。


おすすめサイト
高校中退・不登校時の必要知識 

不登校 対応対策へのアプローチ

通信制高校 比較 

高卒認定 履歴書の書き方 

不登校 いじめの関係

高校不登校の現状
posted by asitanomukou at 18:26| 千葉 ☁| Comment(0) | 結婚の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

第91回箱根駅伝 今年も観戦

第91回箱根駅伝を観戦してきました。
2日に行われた往路の観戦です。

皇居前で第1区スタート直後の走りを応援してからバスで芦ノ湖へと向かいます。

早朝の皇居前のビル街に響き渡るチアガール達の元気な声援と
それぞれの大学名が記された「のぼり」のもとに向かう応援者達が
朝のオフィス街を活気づけます。
ここ数年、新年が明けて最初に感じる熱気です。
ただ、今年は
早稲田の応援団が陣取っている前の歩道は異常な混雑で危険な状況でした。
他の歩道はそれほどでもないのに、この一角は特別でした。
前に進もうとしても、反対側からくるひとの波に押されて前に進めません。
後ろからは前に進もうとする人たちが押してきます。
20メートルほどの歩道だけが「おしくらまんじゅう」状態でした。
「おしくらまんじゅう」で弾き出されて車道に押し出される人たちが出るほどでした。
この一角だけが何でこんな状況になるのか不思議でしたが、
「こんなことってあるんだな」って認識を新たにしました。

そうこうしているうちに先導する白バイの後ろに一群のランナーが続きます。
歓声のボリュームが一気にピークに達して、あっという間に目の前を走り抜けていきます。
それから、バスに乗って芦ノ湖へ。

そして、第5区で応援です。
ゴール付近.jpg
4大学くらい応援しているのですが、実はどの大学が1位になってもいいんです。
ランナーの頑張る姿がいいんです。 

今年は、先陣をきって青学の神野選手が目の前をあっという間に駆け抜けていきました。

続く駒沢の馬場が倒れたのは知りませんでした。
目の前を駆け抜けて行った時は体調の悪さは感じなかったのですが、
その数分後のゴール寸前で突然走れなくなったなんて想像もできませんでした。

管理人が観戦している地点では、こうしたハプニングは過去4年一度も起きませんでした。
それにしても青学は今年の話題をさらっていきましたね。
初優勝に加えて箱根駅伝最速の10時間49分27秒の記録。
山の神 柏原よりも早かった青学の神野とか。

これらは後から知ったこと。
各大学の選手が目の前を走り抜けていく時は、せいぜい順位が分かるくらいですかね。
それでも箱根駅伝は面白い。

どういうわけか、失業してから毎年行くようになり、
すっかり初詣は箱根に行くことが恒例になりました。
箱根駅伝のランナーが駆け抜けていくのを目の当たりにすると
その生命力に元気をもらったような気分になります。
さあ、今年も頑張るぞ、なんて気持ちが沸々と込み上がってくるんですよね。
でも、失業していると、頑張るって、何を頑張るの?って反射的に自問してしまいますが。

自分にとっての初日の出は、ここ数年2日の日に高速道路から観る日の出です。
東京の空に顔を出す太陽はとても清々しいです。
青空にくっきりと浮かび上がる雪化粧の富士山がまた美しい。
2日の午前は晴天の日が多いので美しい景色を芦ノ湖へ向かう途中で観ることがます。
1月2日の富士.jpg

また、来年も箱根駅伝に参加しようという思いに至ります。

皆さん、今年がよい年でありますように。
posted by asitanomukou at 23:20| 千葉 ☀| Comment(0) | 結婚の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

「吸血鬼0」観てきました


「吸血鬼0」観にいこうよ、と管理人。
てる子さんは、
「え〜ぇ、ドラキュラァ〜」
「ヴァンパイヤ映画は好きじゃない」
「今、宣伝しているレストランの映画のほうがいいわ」
インド人の青年が三ツ星レストランのまん前にレストランを作る話し。
マダム・マロリーと魔法のスパイス』
幸い、いつもいくショッピングモール内の映画館では上映されておらず、
管理人は迷わず「吸血鬼0」へ。

午後2時からのチケットを購入し、その前にランチということにした。

モール内の食事処で串揚げ屋へ。
久々に串揚げを食べました。
食べ放題で単価2000円。
ランチにしては結構高い。
別に食べ放題でなくてもいいんだけど、
もっと安いほうが。
といいながら、随分と食べました。
32本。
てる子さんも同じくらい食べている。
元取れたかも。
夕飯は食べられそうにありません。
美味しかったけれど、食べ過ぎると満足度は半減しますね。

映画のストーリーは、宣伝にある数行に集約された説明の通り。
分かりやすい内容です。
にもかかわらず、冒頭から最後まで飽きることはありません。
スケールの大きさと奥深い森と清流、そして切り立つ岩のうえの古城を
舞台に繰り広げられる物語に引き込まれてしまいます。
いつものドラキュラと全く違うアプローチです。
描写が巧みです。

この夏にトルコへ行ってきたので、トルコの風景を楽しめるかな、
と思ったのですが、トルコの景色とは異なるようです。
オスマン帝国は今のトルコの 数倍も領土が広く、
東西はアゼルバイジャンからモロッコに至り、南北はイエメンから
ウクライナ、ハンガリー、チェコスロヴァキアに至る広大な領域に及んで
いたわけなので、どの地域を舞台に選んでも不自然ではないですね。
中世の雰囲気がとてもよく出ていました。
オスマン帝国の侵略を迎え撃つ、悪魔に身を売った王がカッコいい。
主人公のクラド(ドラキュラ)は実在の人物をモデルにしたとか。
妃も美人女優が演じていましたが、管理人の好みではありません。
好みのルクスの女優だったら、更に面白かったと思います。

「ふ〜ツ、お腹いっぱい。これでバンパイア映画だと寝ちゃいそう」
と食後に言っていたてる子さん。
眠気は吹き飛んだようです。

ファンタジー映画の好きなひとにはおススメの作品です。
とはいえ、長期にわたる失業中の身でありながら、
こんな平穏な日々を送っていていいのだろうかと、
後ろめたい気持ちもじわぁっと広がっていきます。
てる子さん、すみません。

今までにおすすめしたサイト
出会って恋してweddinng♪ 
受験資格と合格率のガイド 
コーディネーター資格・求人の展望
不登校 原因と対応対策へのアプローチ
高校中退 その後の選択
高校中退・不登校時の必要知識
高校通信教育の上手な高校卒業法
プランナー資格・求人の展望
不倫の知識・不倫するひと されるひと
posted by asitanomukou at 13:40| 千葉 ☀| Comment(0) | 結婚の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。